いつも元気な愛犬がぐったり・・病気かもしれない!どうしよう!
いつもと違う愛犬の姿に慌ててしまいますよね。
そんなとき頼りになるのが動物病院。愛犬の様子を診て適切な処置をしてくれる獣医さん、心強い存在です。
その獣医さんのサポートをする動物看護士さんのことご存知ですか?
動物病院は獣医さんはもちろんですが、動物看護士さんはなくてはならない存在です!
今日は私の体験談も含めて動物看護士についてお話しいたします。

動物看護士とは?


動物看護士は主に、動物病院において獣医師のサポートを行う仕事です。
手術や治療の手伝いをしたり、入院している動物のケアをしたり、飼い主さんとのコミュニケーションも求められます。国家資格ではありませんが、動物の体や病気、薬、ケアなどに関する知識が求められる専門性の高い仕事です。
知識だけではなく、獣医師がしっかりと診察できるように時には暴れる動物の保定などのテクニックも必要となります。

また、医師や看護師とは異なり、動物看護士として働くために必要な公的の資格がありません。意外なことに無免許でも働くことが許されている職業なのです。
しかし専門学校などに進学後、動物看護士の認定資格を取得するのが一般的となってきました。2012年までは様々な団体が動物看護士の民間資格を運営していたのですが、その中の数団体が協力して1つの動物看護士資格の認定を始めたのです。1つにまとったことで、動物看護士資格の信頼性と価値はぐっと高まっています。
アメリカでは動物看護士は国家資格として制定されており日本よりも専門性の高い高度な業務を任されています。今後日本でも動物看護士が国家資格となる可能性も十分考えられます

動物看護士を目指したきっかけ


子供のころから動物が好きで、物心ついたときには動物関係の仕事を目指していました。
ただ好きだった、というのが単純かつ最大の理由です。とはいえ、動物関係の仕事と言ってもいろいろあります。
獣医師、トリマー、訓練士、飼育員などなど・・・
そのなかで動物看護士を選んだのは、やはり命を救う仕事に関わりたかったのだと思います。子供の頃、瀕死の子猫を拾い駆け込んだ動物病院で命を助けてもらいました。それがとてもうれしく感激したのを今でも鮮明に覚えています。その子猫は我が家で引き取り、19歳まで元気に生きました。今思えばそれが動物看護士を目指した大きなきっかけだったと思います。

動物看護士になるために学ぶこと


動物看護して働くために学ばなければならないことはたくさんあります。
まずは動物の生態や病気に関する知識です。
動物看護学、動物行動学、動物栄養学、動物病理学などから始まり発病のメカニズム、疾病に対する薬品やワクチン、感染症、滅菌・消毒について理解していきます。
そして動物看護士は知識を得るばかりではなく、技術を備えることも不可欠です。
手術の補助、麻酔、血液・尿・糞便の検査など求められる技術はたくさんあります。
実際動物病院に勤め始めると、学校で勉強したこと以外にもたくさんの知識や技術を必要とされます。
電話対応や受付、会計業務のほか、入院動物の世話などは現場でなければなかなか経験できないことでしょう。

楽しかったこと

目指していることを学ぶということは、私にとってはすべてが興味のあることだったので毎日が新鮮で楽しいものでした。
私は専門学校で動物看護士の勉強をしたのですが、一番楽しかったのは研修などの野外勉強でした。実際動物病院で研修生として現場のお手伝いをさせていただくので、現場の雰囲気を直接肌で感じることができます。動物病院なのでもちろん楽しいことばかりではありませんが、普段の紙上でのことと違い、実際自分で経験できるというのはとてもいい経験になりました。

つらかったこと

これは動物看護士だけではなく動物に関わる仕事をしている人すべてに当てはまると思うのですが、楽しいことだけでなく動物に関わるつらいことも知っておかなければならない、というのが一番つらいことです。とても分かりにくい表現になってしまいましたが、例えばペットブームの裏ではたくさんの命が奪われているということです。ペットブームとなり飼育方法も以前とは変わり、番犬から家族の一員として扱われるようになりました。色んな種類の犬・猫がペットショップで販売され、日曜日などはペットショップに人があふれています。
その反面、人間の身勝手な理由で捨てられ処分されている犬・猫がたくさんいるのも事実です。人間を愛して信頼した子たちがどんな思いで命を終えていくのか・・・それを考えるととてもつらかったです。でもこれは動物に関わる仕事をするからこそ目をそらしてはいけない事実だと思います。学生時代にこの事実をしっかりと学び、実際の映像などを目にしましたが涙なくしては見れませんでした。でもこの経験があってからこそ、命の重みをさらにしっかりと受け止め、保護犬・保護猫の活動に興味を持ちました。今後保護犬・保護猫を引きとるなど、このような活動に少しでも携わっていけたらいいと思っています。

動物看護士に必要なこと


動物看護士に知識や技術はもちろん必要ですが、それだけあればいいわけではありません。
動物看護士は獣医師よりも動物に接する機会が多いです。動物の変化にいち早く気づき、獣医師に報告することで動物の症状が悪化することを防ぎ、命の危険を回避することにつながります。小さなことにも気づく観察力は現場で第一に求められると思います。
同時に飼い主さんとの良好なコミュニケーションを築くことも非常に重要です。『動物は好きだけれど、人は苦手』では、動物看護士としての仕事は行えません。動物が好きということは、大前提としてコミュニケーション能力も求められるのです。
言葉を話せない動物の代わりに飼い主の話をよく聞いて獣医師に伝えたり、獣医師の診断結果などを必要ならば説明することもあると思います。
獣医師と動物、飼い主との架け橋になって、飼い主の不安を取り除くのもとても大切な役割です。
動物看護士として絶対に忘れてはいけないことは、動物の命を大切に思うことだと思います。いくら知識と技術・観察力があり、コミュニケーション能力に長けていても動物を粗末に扱ったりすることは許されません。いつも命に関わる重みを感じながら、動物に真摯に向き合っていくことが何より大切です。
動物看護士として働いていると動物の死に立ち会うことは必ずあります。動物が好きだからこそ、そういった場面はとても辛いものです。私自身も初めてそういった現場になったとき、涙が止まらなかったです。ただ今はあの時の涙は間違っていたと思います。やはり一番悲しいのは飼い主さん、飼い主さんの気持ちに寄りすぎてしまって冷静な判断力が欠けていたと反省しています。

まとめ


専門学校を卒業後、私は動物看護士の資格を取りましたが動物病院には就職しませんでした。動物が好きな気持ちには変わりなかったので、動物に関わる仕事には就きましたが動物看護士として働く自信がありませんでした。動物が苦しんでいる姿を直視するのは耐え難かったですし、動物の死を目の当たりにするとどうしても涙がこぼれます。自分の気持ちをコントロールすることが当時の私にはとても難しく感じてしまったのです。
自分が動物を飼ったり、動物に関わる仕事をしていくうえで動物看護の知識はとても役に立ちました。ただやはり自信がないからと諦めずに、一度は動物看護士として経験を積めばよかったと思っています。座学の知識と自分が体験して得る知識は違います。経験して得た知識こそ、他では得ることのできない価値のあるものだと思うのでそこは後悔していますが、専門学校を卒業後に経験して得た知識も動物看護士としてではないですが、同じくらい価値のあるものだと信じています。その今ある知識を存分にフル活用してこれからも生かしていきたいと思います。

おすすめの記事