愛犬と旅行に行くときや引っ越しのときに飛行機に乗らないといけないことがあるかもしれません。
愛犬を初めて飛行機に乗せるときには様々な不安があると思います。
私はまだ愛犬と一緒に飛行機に乗ったことがないので初めて愛犬を飛行機に乗せるときに知っておきたいことや気になることをご紹介していきます。

犬を飛行機の機内持ち込みは可能なのか?


愛犬と初めて行く場所で離れて何時間も過ごすのは不安ですよね。
機内への持ち込みが可能なのか、飛行機に乗せる方法などを国内線と国際線に分けて説明します。

国内線

国内線は基本的に機内への持ち込みはできません。
ワンちゃんを飛行機に乗せる場合は貨物室に預けます。
ワンちゃんを預けるときにはクレートを用意する必要があります。
普段から使用しているクレートを使うか、持っていない場合は航空会社で貸し出しているクレートを使用することも可能です。

国際線

国際線は機内に持ち込める航空会社があります。
持ち込みを希望する場合は持ち込みが可能かどうかの確認をしてみてくださいね。
持ち込む場合はクレートに入れて足下に置くことが規則です。
クレートから出すことはできないので、クレートに慣れておくことが必要です。

かかる料金


国内線は3000~6000円です。
路線によって料金は異なります。
また他の荷物との合計重量の制限がある航空会社があるので確認してください。

国際線は行き先や航空会社によって料金は異なります。
ANAは25000~40000円です。
詳しく知りたい方は航空会社のホームページや問い合わせをしてみてください。

犬を飛行機に乗せるまでの流れ


手続きから当日の流れを説明していきます。

1 事前予約

当日の手続きも可能ですが、当日にスムーズに搭乗するためにインターネットで事前に予約できる航空会社もあります。
大型犬はクレートの貸し出しに事前予約が必要な場合があるのでなるべく事前予約をすることをオススメします。

2 同意書にサインをする

同意書はペットに何かあった場合には責任は取れないということの確認のためのものです。
同意書には自分の名前や愛犬の犬種や名前などを記入します。
ホームページでダウンロードをして事前に書いて行くとスムーズに当日の手続きを行うことができます。

3 当日の流れ

①手荷物カウンターに預ける
ワンちゃんをクレートに入れた状態で預けます。
このときに同意書の提出や料金の支払いも行うので、なるべく早めに預けたほうが良いです。
また搭乗までの時間で環境に慣れるためにも早めのチェックインをオススメします。

②貨物室に移動する
出発直前までは空調の効いたカウンターで預かってくれます。
貨物室は空調機で温度や湿度の管理をしてくれているので安心です。
客室と環境は違うので暑さ寒さ対策はしておくと良いですよ。

③到着後に愛犬を受け取る
手荷物受け取りエリアで係員から愛犬を受け取ります。

犬を飛行機に乗せる前に確認することは?


飛行機に乗せる前にチェックすることや準備するものなどのご紹介をします。

1 健康チェック

当日の健康状態を確認することも大切ですが、飛行機に乗ることが決まったら病院に行って獣医さんにワンちゃんの健康状態をチェックしてもらうのが良いです。
飛行機に乗ると心臓や耳に負担がかかります。
事前に体の状態をチェックしておくことで、様々な対策ができるのでオススメします。

2 クレートに慣れておく

飛行中はクレートの中で過ごさなければいけません。
クレートで長時間いられるように練習しておきましょう。
環境が変わってストレスが溜まることがあるので、ワンちゃんへの負担を減らすためにクレートの中で安心して過ごせるようにしておくと良いです。

3 必要な物のチェック

当日持って行くものを確認しましょう。
・飲み水
・クレート
・普段使っている毛布やタオル
・トイレシート
この他にも季節に合わせて保冷剤や毛布などの準備も必要です。

飛行機内の環境


飛行機の中ではどのような環境で愛犬が過ごすのかをあらかじめ知っておいたほうが安心ですよね。では飛行機内の様子をご紹介します。

1 温度と空調管理

愛犬を預けて搭乗するまでは空調の効いた環境で過ごせます。
飛行機に乗るときや降りるときは外気に触れるので季節によっては温度差を感じることがあります。
なるべく体に負担をかけないように対策をすることが大切です。

2 貨物室の環境

貨物室では照明がついておらず、暗い状態で過ごさなければいけません。
また飛行中や着陸、離陸時の操作音や風の音が響きます。
音に敏感な子にはストレスがかかる可能性があります。
貨物室は実際に見ることはできないので、詳しいことを知りたい場合は航空会社に問い合わせてみてください。

犬の飛行機での過去に実際に起きた事故


飛行機に乗るときには様々なリスクがあります。
安全に乗って無事に飼い主さんの元に帰ってくるワンちゃんもいますが、飛行機に乗っている間に体調不良になったりけがをしてしまったりすることもあります。
今までにあって事故の例を見ていきます。

1 熱中症の事故

2007年にはフレンチブルドッグが熱中症で死亡した事故がありました。
この事故後からフレンチブルドッグとブルドッグの搭乗が規制されるようになりました。
2013年にはチワワが1時間のフライトで到着したときには熱中症で体温が47℃以上で死亡した事故がありました。

夏に飛行機に乗るときには十分な飲み水と保冷剤など体温の上昇を抑えられるような対策が必要です。

2 ケガの事故

熱中症以外にもケガをしてしまう場合があります。
2007年には航空会社のケージが老朽化していて、ケージから出ようとした柴犬がケガをしてしまう事故がありました。飼い主さんの元に帰ってきたときには血だらけだったそうです。

長時間離れた状態でワンちゃんの様子を見られない不安はありますよね。
体調が悪くなってもすぐに対応できないので、事前に対策をしておくことが大切です。

犬を飛行機に乗せる時の注意事項


航空会社によって異なりますが、主な注意事項をご紹介します。

1 飛行機に乗せられない犬

ANAは短頭犬種(ブルドッグ・フレンチブルドッグ・シーズーなど)は暑い時期の5~10月は預かりを中止しています。
JALはブルドッグとフレンチブルドッグは基本的に乗せることはできません。
また心臓疾患や呼吸疾患がある犬や生後4ヶ月未満の子犬、健康状態が良くない場合も乗ることができません。

2 当日の注意事項

①事前に水分補給をする
クレートに給水器をつけることができますが、環境が変わって水を飲まなくなる場合があるので脱水症状にならないようにあらかじめ十分な水分補給をしておきましょう。

②トイレを済ませておく
クレートの中にトイレシートは敷いておきますが、なるべく飛行機に乗る前にトイレを済ませておきましょう。

③食事を済ませておく
飛行中はワンちゃんのお世話ができないので事前にご飯を与えておきましょう。
乗り物酔いをする子はご飯のあげすぎに注意です!

まとめ

愛犬を飛行機に乗せるためには様々な準備や対策が必要です。
私はまだ愛犬と飛行機に乗ったことがないので、これから乗ることがあれば実践してみようと思います。
愛犬との旅行や引っ越しで飛行機での移動を考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめの記事