特定の食品を食べると引き起こる食物アレルギー。食物アレルギーは犬にもあるんです!愛犬の健康を守るためにも犬の食物アレルギーを知りましょう!

どんな食物がアレルギーの原因になるの?


ドッグフードによく含まれている、小麦、大豆、魚、肉類(牛、豚、鳥)が原因となります。ドッグフードに限らず、手作りをしたり直接与えたりしてもアレルギーとして反応が出ることがあります。

食物アレルギーは、ひとつの食物が原因となっている場合もあれば、複数がアレルギーとして反応していることもあります。また、今までなにも健康に影響がなかったにも関わらず、突然アレルギーとして発症してしまいあげられなくなることがあります。

食物アレルギーになりやすい犬種は?


どの犬種でもなる可能性があります。特になりやすい犬種といわれているのは、柴犬、プードル、ダックスフント、パグ、フレンチブルドッグ、パピヨン、マルチーズ、コリー、ラブラドール・レトリバー、ゴールデン・レトリバーなどです。

愛犬をチェックしよう!


食物アレルギーは年齢や季節を問わず、いつでも発症することがあります。早くて1歳頃にはわかるといわれていますが、1歳未満でも症状が見受けられることがあります。飼育時には以下の症状をチェックしてみましょう。

食物アレルギーチェックリスト

・手足や耳をずっと舐めていたり、体をかいていたりしないか?
・季節に関係なく体の一部に炎症やフケが出ていないか?
・目、耳、肛門、わきの下の周りが赤く腫れていないか?
・出血していたりする様子(もしくは引っ掻いた形跡)はないか?
・排便が柔らかかったり、回数が多かったりしないか?

あてはまるものはありましたか?犬のアレルギーは食物の他にもアトピーやノミ•ダニといったアレルギーもありますので、皮膚のかゆみだけで判断せず、下痢や嘔吐といった症状もあるかどうか確認しましょう。少しでも体調が変だなと感じたら、素人だけで判断せず動物病院にかかることをおすすめします。

犬の食物アレルギーの主な症状(部位別)


犬が食物アレルギーになると、吐いたり下痢をしたり、肌が一部炎症したり、かゆくて体を引っかいてケガをしたりしてしまいます。なかには自分の爪で引っかいてしまい、そこから流血してしまうことも…。

目に出る症状

赤くただれる、毛が抜ける、かゆみ等

口に出る症状

赤いブツブツができる、嘔吐する、かゆみ等

耳に出る症状

耳が赤く腫れる、耳垢が多い、異臭がする、かゆみ等

腹部に出る症状

赤くただれている、炎症している、湿っている、色素沈着をしている、かゆみ等

肛門に出る症状

肛門周りが赤く腫れる、毛が抜ける、下痢、軟便、排便の回数が多い、かゆみ等

犬の食物アレルギーの治療法

原因となる食物を特定し、その食物をあげないようにすれば改善されます。症状が悪化している場合は薬を処方して様子を見ることもあります。

犬の食物アレルギーの検査方法


食事を変える方法と、血液検査を行う方法の2種類があります。

①食事を変更する

普段食べさせている食事(ドッグフード、おやつ)を違う成分のものに変更する方法です。食物アレルギーをもつ犬専用のドッグフードがありますので、そちらに切り替えてみて、症状がおさまるかどうかを観察する方法です。

この方法は食事ひとつひとつを変更していくため長期間行うこととなり根気が必要です。実施期間は1〜2ヶ月間で、その間はおやつも含めて食事をコントロール(何を食べさせて、何を食べさせていないかしっかりと記録につける)します。

栄養が偏りがちなので獣医さんに相談しつつ、食事変更を行うようにしましょう。また盗み食いや家族がこっそりおやつを与えてしまったりすると意味がありませんので、家族全員の協力が必要不可欠です。

②血液検査を行う

少しずつ食事を変更してみて様子を見るという手もありますが、手っ取り早くアレルギーの原因を突き止めるには血液検査が近道となります。

・IgE検査
血液中に存在するアレルギーに対抗できる抗体価(IgE)をどれくらい持っているのか測定する検査です。

・リンパ球検査
食物に対するリンパ球(白血球)の反応を調べる検査です。IgEで陰性の診断をされた場合でもこちらの検査で陽性が出ることがあります。

まとめ

あまり意識されていない方も思いますが、愛犬にいつ、何を食べさせているのか普段からメモしておく習慣をつけておくと、いざアレルギーになったときに原因を早く見つけることができます。

アレルギーとなる食べ物を継続的に摂取することで、突然発症することもあります。一生アレルギーが出ない子もいれば、歳をとってからアレルギーになってしまう子もいます。 個体差がありますので、この犬種だったら絶対にならないという保証もなく、全ての犬種でいつどのタイミングで発症するか分かりません。

まずはドッグフードの成分を見てみるだけも第一歩になります。愛犬の健康を守るために今日からでも始めてみましょう。

おすすめの記事