愛犬の口がくさい!と感じたことはないでしょうか。犬は歯磨きを頻繁には行わないので口臭が臭くなりやすいです。しかし、その口臭は歯の汚れだけでなく病気のサインという場合もあります。口臭の原因や対策法を知りケアしてあげましょう。



犬の口臭の原因は?

原因は何なのでしょうか。犬の口臭の原因には大きく分けて3つあります。

口内環境によるもの

口臭の原因として最も多いのが歯周病です。食べカスや雑菌などが歯肉の間にたまることで歯垢となりそれが歯石化することで歯周病を引き起こします。また、犬は人間と比べ歯石になりやすく3歳以上の犬の8割ほどが歯周病を起こしているとも言われています。歯周病を放置すると歯に影響を与えるだけでなく歯石の中の細菌が血管に入り心臓病などの病気の原因にもなるので放置せずに早めの対処をしましょう。他にも口内の乾燥により唾液が濃縮され口臭の原因となる場合があり、唾液がネバネバしていると感じたら口内の乾燥が疑われます。

食べ物の影響

口臭の原因として食べ物が影響していることもあります。ペットフードは脂質が空気に触れ徐々に酸化してしまいその酸化したペットフードが口臭の原因となることがあるのです。ドライフードは長く保存できそうなイメージですが、保存方法には十分注意しましょう。

 

内臓の病気

口内環境だけでなく腎臓や肝臓に疾患があると体外に排出するはずの老廃物が体内に溜まることで口臭を引き起こしている場合があります。また糖尿病でも口臭が発生することもあるのでその見分け方についてご紹介します。

口内環境?内臓?犬の口臭の原因の見分け方

タオルなどの布を使うことで見分けることができます。歯の表面をタオルなどで拭いて見て臭いがうつると歯などの口内環境に原因があると考えられます。しかし臭いがしない場合には内臓の方に原因があるのかもしれません。どんな臭いがするかでどこが悪いのか見分けることができます。

すっぱい臭いがする

胃腸の不調による口臭かもしれません。胃炎などを患っていると胃酸の分泌が多くなります。そうすると嘔吐したり胃酸がこみ上げてくると胃酸特有のすっぱい臭いが生じることがあるので口臭がすっぱく感じた時は胃腸の不調を疑いましょう。

アンモニアのような臭い

腎臓や肝臓がうまく機能していないと老廃物などが体内にたまり、独特のアンモニア臭を発します。この場合腎臓や肝臓に疾患があることが考えられるので早めの受診をしましょう。

甘い臭いがする

甘い臭いがする場合は糖尿病の可能性があります。糖尿病はインスリンの働きが悪くなり血糖値が上がってしまう病気で、白内障、腎不全などの合併症も引き起こします。悪化すると命にもかかわってくるのでこちらも早めの受診が大切です。



日頃からできる犬の口臭対策は?

口内環境を改善してあげることで口臭は予防できます。そこで日頃からできる口臭対策をご紹介します。

歯磨き

歯磨きを習慣化するとことで歯垢や歯石を防ぐことができます。最初はなかなか奥歯まで磨かせてくれないこともありますので前歯などのできる範囲で磨いてあげましょう。奥歯が難しいときはロープなどのおもちゃなどを噛ませてあげるとことで歯垢を落とすことができますので少しずつ慣らしてあげることが大切です。

歯磨きについてはこちらの動画も参考にして見てください。

フードを変えてみる

消化の良いペットフードにしてあげることも効果的です。消化不良や腸内環境を改善してあげることで口臭が抑えられる場合もあります。油分の多いものや消化の悪いものは胃腸に負担をかけてしまいまうので避けるようにしましょう。

また酸化させないためにもドライフードの保管方法も大切です。しっかり密閉し直射日光を避け、温度の低い場所で保管しましょう。

口臭対策用のスプレー

様々な口臭対策用のスプレーが発売されており、歯石除去効果のあるものもあります。食事に混ぜるものから口に吹きかけるものがあり即効性はありませんが愛犬にストレスを与えにくいので状況に合わせて使用できます。

獣医さんに歯石の除去をしてもらうことも重要

沈着してしまった歯石は病院での歯石除去が必要になります。歯周ポケットまで掃除をするには全身麻酔が必要となり歯を綺麗にすることはできますが麻酔のリスクがあります。麻酔を使わない方法もありますが完全には歯石を除去することができませんので状況に合わせて選ぶようにしましょう。愛犬の負担を減らすためにも歯磨きを習慣化することが大切です。

まとめ

ほとんどの口臭の原因は歯周病が原因と言われていますがその口臭の中には病気のサインということもあります。おかしいな?と感じた時には速やかに受診するようにしてください。また歯周病対策にも日頃の対策が大切です。

・習慣的な歯磨き

・ペットフードを消化のいいものにする

・口臭対策用のスプレーを使ってみる

愛犬がいつまでも健康でいられるためにこまめなケアをしてあげましょう。



おすすめの記事