生活環境の向上、獣医学・予防医学の進歩などによりペットの高齢化が進んでいます。家族であるペットが長生きしてくれるのはうれしいのですが、その高齢化に伴い長寿なペット達は人間同様に多種多様な病気を抱えるようになっています。
その中で今回は犬の『白内障』についてお話します。
どんな病気なのか?原因は?なりやすい犬種ってあるの?など気になる点をご紹介します。

犬の白内障ってどんな病気?


愛犬の目をよく見てください。白っぽく濁っていませんか?うっすら濁っていたらそれは白内障のサインです。
白内障とは目の中にある水晶体というレンズの役割をする部分が白く濁り、視力低下をきたす病気です。簡単に説明すると、カメラのレンズが濁ってしまいぼやけた写真しか撮れないという状態です。
水晶体は目の中に入ってきた光を屈折させ、網膜に光を届ける働きをしています。
そのため本来水晶体は透明ですが、白内障になることで水晶体が濁ることにより視界がぼやけ、進行すると失明する恐れもあります。

犬の白内障の症状


初期の白内障は少し見えにくい程度で生活に支障ありません。しかし進行すれば視界のすべてが曇り見えなくなっていきます。
家の中で壁や柱にぶつかりやすくなったり、ちょっとした物音にも驚くようになってしまいます。飼い主とのアイコンタクトさえ困難になります。
犬は聴覚や嗅覚が非常に発達している動物なので、慣れ親しんだ場所では不便さや行動の異常を表しにくくなります。そのため症状が出ていても、飼い主が愛犬の視力の低下に気が付かないことも多いようです。
目に直接変化がある場合もあります。目が白く見えるのはもちろん、瞳孔が常に開いている場合もあります。通常瞳孔は目に入ってきた光を調節するため明るいところでは縮小しますが、白内障で光を感知しにくくなると開いたままの状態になるのです。

犬の白内障の原因


先ほど述べたように、水晶体が濁ることによって白内障がおこります。その白内障の原因は大きく分けて2つあります。

先天性白内障…遺伝的な要因

遺伝による先天性の白内障は生まれつきや2歳以下で発見されることが多く、遺伝性の場合の予防は残念ながらほぼ不可能だと言われています。

後天性白内障…加齢、紫外線、糖尿病などの合併症、外傷など

後天性白内障の原因①加齢

白内障の最も多い原因は加齢です。6歳以降に白内障にかかる犬が多くなります。

後天性白内障の原因②紫外線

紫外線を浴びると体内では活性酸素が発生します。この活性酸素は細胞を傷つけ、老化現象を起こし白内障を引き起こす原因にもなります。

後天性白内障の原因③合併症

有名なものは糖尿病ですが、他にも血液中のカルシウム濃度が低くなる「低カルシウム血糖」や目のぶどう膜に炎症が起こる「ぶどう膜炎」などもそれに当たります。
白内障を引き起こしやすい病気にかかった場合は、注意深く犬の目を観察しておきましょう。

後天性白内障の原因④外傷

散歩で草むらに顔を突っ込み、枝で目を傷つけてしまうということが多いようです。特にマズル(鼻先)が短い短頭種は目を傷つけやすいため特に注意が必要です。
皮膚が悪い子は目の粘膜や瞼などの柔らかい部分に痒みが出ることが多いので、掻きむしってそこから外傷性の白内障に進む可能性もあると言われています。

白内障になりやすい犬種


遺伝による白内障が多い犬種は約60種類で確認されていて、日本では次の犬種に良く見られます。
・アメリカンコッカースパニエル
・柴犬
・プードル
・キャバリアキングチャールズスパニエル
・マルチーズ
・シーズー
・ビーグルなど

発症のメカニズムはまだ不明な点が多く解明には至っていませんが、その原因の一つとしては酸化ストレスというものがあるのではないかとされています。
酸化ストレスというのは、有害物質から体を守ってくれる活性酸素というものが、過剰に発生すると正常な細胞にまで悪影響を及ぼすものです。その酸化ストレスは白内障だけではなく、老化の進行を早め、心臓病や癌、てんかんなどの脳神経疾患、腎臓病など多くの加齢に関わる疾病と関係があると見られています。

愛犬が白内障になってしまったら

治療方法

白内障になってしまうとお薬で治すことはできません。水晶体が濁ることで白内障になりますが、水晶体が濁るということは水晶体のタンパク質が変性することで濁ります。一度濁ったり白くなった水晶体は残念ながら元には戻せないのです。
白内障の治療は内科的な方法、または外科手術になります。点眼や内服液などの内科的処置は、白内障初期には進行を少しでも遅らせるために行われますが、白内障を元に戻すわけではありません。
唯一効果的な治療方法は、白内障の水晶体を手術によって取り除く外科的な方法です。これは全身麻酔で眼球の角膜に切開を加え、特殊な機械を使って超音波により粉砕し水晶体を取り除きます。その結果視力が回復します。
白内障手術の成功率は比較的高めですが、合併症を引き起こす可能性もあります。

治療期間

人の白内障の手術は一般的に行われていて、短時間で安全にできるものになっています。 しかし犬の水晶体は人と比べて厚く丈夫なことから除去するのには時間がかかり、眼球への負担も大きいためかなりの高度な専門技術と医療機器が必要になります。また飼い主による術後のケアもとても重要になってきます。

治療費

病院によって異なりますが、一般的には1眼あたり20~25万円ほどといわれています。
これには入院費、手術費、入院中の検査料金なども含まれます。病状により検査項目や手術難易度などが異なりますのであくまで目安となります。また合併症など他の疾病の治療が発生した場合も料金は変動してきます。

白内障の予防策


白内障になる子は少なくはありませんが、飼い主が少し工夫することである程度の予防が可能です。
予防できる白内障は後天性白内障に限りますが、適切な時間帯に散歩をすることだけでも違ってきます。紫外線の浴び過ぎは目にとってはダメージが大きく、紫外線が強い昼過ぎなどの長時間の散歩は、白内障を引き起こす可能性が強くなってしまいます。できるだけ紫外線の少ない朝や夕方などの散歩を心がけましょう。また白内障予防のためにはビタミンの摂取も欠かせません。特にビタミンCの不足は、水晶体の衰えに拍車をかけるので特に摂取したい栄養素です。
老化=酸化ということなので、抗酸化作用のあるビタミンEなどもおすすめです。素材としてはかぼちゃやブロッコリー、モロヘイヤなどに多く含まれています。
最近はそういった犬用のサプリメントも販売していますし、ドッグフードの上に茹でた野菜をトッピングしてあげるのもおすすめです。ただし与え過ぎは注意!
糖尿病から併発して白内障になることもありますので、肥満に注意しつつ与えてあげてください。

まとめ


老化だから仕方ない…諦める前に少しの心がけで予防することは可能です!
しかし遺伝性白内障は防げませんし、予防していても完全に防げるわけではありません。白内障の中には合併症を伴い激しい痛みを伴うものもありますので、少しでも異変に気づいたら早めに動物病院でもてもらいましょう。
生活の中で予防を取り入れつつ、早期発見を目指しましょう。

おすすめの記事