「愛犬の便の調子がいつもと違う。」 「便が出ない、もしかしたら便秘かも。」と悩んでいる飼い主さんがいるでしょう。
愛犬の調子が悪いと不安でたまりませんよね。
そんな不安を少しでも和らげるために便秘の解消法と予防法を紹介します。

犬の便秘の原因とは?


犬の便秘は2日間以上便が出ない状態のことです。
5日以上出ない場合は危険なので、病院で診てもらいましょう。
便秘の原因には以下のようなものがあります。

ストレス

急に周りの環境が変わった。生活のリズムが変わった。ということで便秘になる場合があります。
毎日落ち着いて生活できるように環境を整えてあげることが大切です!
また生活のリズムを整えることで安心して過ごせるので環境が変わるときには生活のリズムが乱れないように気をつけましょう。

運動不足

運動することで排便が促されます。
十分な散歩の時間を確保して、ストレスがたまらないように運動することを心がけたいですね。犬種によって運動量が異なるので、愛犬に合わせて調節してみてください。
愛犬とお出かけをして一緒に運動するのも楽しいですよ。

食事の成分

とうもろこしや小麦などの穀類が含まれているフードや添加物を使用しているフードは消化不良を起こして、便秘になることがあります。
またカルシウムの取り過ぎで便秘になることもあるので、普段から気をつけるようにしてみてください。

トイレが苦手

トイレが気に入らない。トイレに嫌な印象があるなどの理由で便秘になることがあります。
いつもトイレを清潔に保ち、トイレを失敗しても怒らずに教えてあげることも大切です。
うちの愛犬は初めなかなかトイレを覚えられずに失敗することが多かったです。
そのとき怒ってしまうことがありましたが、優しく教えてあげたらだんだん成功する回数が増えていきました。
トイレを教えるのは難しいですよね。
成功した時は、思いっきり褒めてあげることが大切ですよ。

犬が便秘になったときの解消法


便秘は普段食べているものが原因の場合があります。今与えているフードが本当に合っているのか、足りない栄養素はないか見直していく必要があります。
また食べる量が多すぎるとうんちが緩くなり、少なすぎると硬くなります。

グレインフリーのドッグフードに変える

穀物は消化しにくいために便秘になることがあります。
穀物入りのドッグフードが全て悪いと言うわけではありません。
うちの愛犬はグレインフリーのフードに変えてから食いつきも良くなって、体調も安定しているのでオススメです!
種類がたくさんあるので調べて選んでみてください。
迷ったときは口コミを参考にしてみたり、フードに含まれているものを見比べてみたりして愛犬に合うものを選びましょう。
フードを変えるときは、様子を見ながら少しずつ与えるのがいいですよ!

水を飲ませる

水をあまり取らないと腸内の水分量が足りなくなって便秘になりやすいです。
いつでも水が飲めるようにしておくのがいいですね。
水をあまり飲まない子はフードをふやかしたり、水分を多く含む野菜をトッピングしてあげたりして工夫してみるのもいいですよ。

犬の便秘解消サプリメントを使う

腸の調子を整えるサプリメントがあります。
いくつか種類があるので、ワンちゃんに合ったものを試してみて下さい。
迷ったときは獣医さんに相談してみるのもいいですよ。

今日から出来る予防法

食物繊維を摂る

サツマイモなどのイモ類やキャベツ、リンゴなど食物繊維が含まれている食材を食べるのがいいです。
フードのトッピングにしてあげるのがオススメです!
他にも食物繊維が含まれている食材があるので、ワンちゃんに与えても良い食材を選んであげてみましょう。

ヨーグルトを食べる

ヨーグルトを食べることで腸の善玉菌を増やす効果があり、便秘を解消できます。
あげるときの注意点はプレーンのヨーグルトを選ぶこと!
糖分が含まれているものを食べると糖分を過剰に摂取してしまい、逆に腸内環境が悪くなります。
うちの愛犬たちはバナナと一緒に食べるのが大好きです。
ヨーグルトを食べ始めてから便の調子が良くなったので、毎日ヨーグルトを食べています。
初めは少しずつあげて、様子を見ながら量を調節してみて下さいね。

マッサージをする

お腹の下の方をやさしくマッサージしてあげるとリラックス効果があります。
ストレスが軽減されるので、便秘の予防になります。
お腹周りをなでであげると喜んでくれるので私もよく愛犬にマッサージをしていますが、リラックスして気持ちよさそうしています。
癒やされて、便秘の予防にもなるので嬉しいですよね。

普段から健康管理をする

愛犬がだいたい1日何回排便するのかを把握しておく、便の色や硬さを毎回チェックするなど普段から注意して見ておくと良いですね。
そうすれば、愛犬のちょっとした変化に気付くことができます。
早めに発見すれば、解消法や予防法を実行することで症状が和らぐことがあります。
愛犬の体調は細かくチェックしましょう。
また、下痢の原因がわからない場合はウンチを少し取っておき、病院に持って行って検査をしてもらいましょう。

まとめ

便秘かもしれないと思ったら、これらの解消法と予防法を試してみてくださいね。
うちの子は便秘じゃないから大丈夫と軽く考えずに、便秘にならないように予防することも大切です!
明らかに様子がおかしいと思ったら病院で獣医さんに診てもらいましょう。

おすすめの記事