愛犬が下痢をしてしまうと病院に連れて行くべきなのか迷いますよね。体調不良のサインでもあり軽度の体調不良のものから中には命に関わる病気が隠れていることもあります。飼い主さんが気付きやすい症状でもあるので原因を知ることで愛犬の病気をいち早く知る手がかりのもなります。下痢をしてしまう原因や対処法を紹介します。

犬はどうして下痢に?

下痢は便の中の水分が多くなってしまっている状態です。柔らかい軟便のものから水を多く含んだ水様便まで便の状態は様々です。主に下痢は腸の運動が様々な原因により盛んになり、消化物が早く通過してしまうため腸で水分が十分に吸収できなくなることで起こります。では何が原因なのでしょうか。

食べ物

食べ物が原因で下痢になっている場合があります。例えばチョコレートやネギなどの中毒を起こす食べ物を食べてしまったときです。これらの食べ物は中毒症状として下痢や嘔吐を引き起こしてしまい重症化するとさらに他の症状も引き起こすので思い当たることがあれば病院に行くようにしましょう。他には消化の悪いものを食べてしまったときです。犬はイカや牛乳、穀物類は人間に比べ消化しにくい体質のため多く摂取すると下痢の原因になります。

ドッグフードが原因の場合もあります。ドッグフードを変えた時に下痢を起こしていたらドッグフードがあっていない可能性があります。

ストレス

環境の変化などによるストレスが犬の下痢の下痢の原因になっていることもあります。引っ越しや外出した時など、いつもと環境が変わると精神的に弱い犬は下痢してしまうことがあります。

寄生虫やウイルス

小腸や大腸に寄生虫が寄生してしまうと下痢だけでなく貧血や栄養不良になることもあります。回虫や鉤虫、糞線虫、ジアルジア、コクシジウムなど様々な種類が存在しており犬同士が接触した時や土からの感染だけでなく母犬の胎盤から感染するケースもあるため子犬でまだ外に行ったことのない場合でもすでに体内に寄生虫がいることがあります。子犬は重症化しやすく注意が必要です

腸炎

腸炎とは小腸と大腸の粘膜に炎症が起こることです。急性のものと慢性のものがあり急性の場合は腐った食べ物などによる細菌感染が原因です。また慢性の場合はTリンパ球や好酸球といった炎症細胞が腸の粘膜に広がることで粘膜が炎症を起こし、急性腸炎と比べると症状は軽いものの下痢、嘔吐を繰り返すため体力低下、栄養不足を起こします。口臭がきつくなったり尿の回数が増るなどの症状も見られたら腸炎が原因かもしれません。

ポリープ、腫瘍

下痢が続いている場合ポリープや腫瘍の疑いがあります。腸の疾患だけでなく肝臓に腫瘍ができるとタンパク質の吸収、分解が上手くできなくなるため下痢になってしまいます。

犬の下痢の原因の見分け方は?


愛犬が下痢をしてしまったとき便の形状、回数、臭いを観察することで何が原因なのか知ることができます。健康的な便は一般に処理する際に手でつかんでも形が崩れない硬さで地面にも汚れがほとんどつかないくらいがちょうどいいとされています。これ以外の状態の時は何らかの以上があるかもしれないので確認して見ましょう。

ゆるい便

ティッシュで掴めないくらいの軟便の場合はドッグフードが合っていなかったりストレスが原因による下痢かもしれません。ドッグフードを変えた場合やいつもと環境が変わったなどの場合はドッグフードを前のものに戻してみたり早く環境に慣れてもらうよう工夫することで改善できるかもしれません。

ゼリー状のものが付着した便

便に腸の粘液が付着しゼリー状になって出てくることがありたまにであれば問題ありませんが続く場合、大腸炎を発症しているかもしれません。これは消化物により大腸の粘膜が刺激されることで粘膜が便と一緒に排出されてしまう症状です。原因は様々で体に合わない食べ物を食べたりや細菌に感染することで起こり、続くようであれば病院で診てもらう必要があります。

水っぽい便

サラサラの水っぽい下痢のとき重度の腸炎やウイルスの感染症かもしれません。水っぽい下痢は長く続くこともあり、そうすると体内の水分が急激に減り脱水を起こすこともあるので普段よりも多くの水を与える必要があります。早めに病院で診てもらうようにしましょう。

血が混じっている

血が混じっている場合は大腸炎や大腸のポリープが考えられます。黒っぽい便のときも血が混じっている状態で胃や腸から出血している場合黒っぽい便が出ることがあります。

犬の下痢の対処法は?


下痢の状態によっても対処法は変わってきます。愛犬が下痢をしているときどう対処してあげるべきなのでしょうか。

体を温める

犬の体を温めてあげると下痢は治りやすいです。夏場はクーラーなどで特に冷えやすくなるためクーラーを下げてあげたり布や毛布を置いてあげると効果的です。

半日ほど絶食させる

下痢をしているとき胃腸はとても敏感になっているため休ませてあげることで回復が早くなることが多いです。そのため半日ほど絶食させてあげる必要がありますが下痢により体内の水が多く排出され脱水になる可能性があるため水はこまめに飲ませてあげるようにしましょう。

市販の下痢止めはなるべく飲ませない

場合によりますが下痢の原因がわからない場合、下痢止めは飲ませない方がいいです。細菌やウイルスが体内に入ったことで下痢を起こしていると下痢止めにより体から排出するのが遅くなってしまうため良くありません。原因の特定ができてから使うことをおすすめします。

便の状態を確認する

おかしいな?と思ったときには便を観察するようにしましょう。病院で診察する際、柔らかさ、いつからなのか、何回したか、出血はないかなど伝えることで検査をスムーズに進めることができます。

犬が下痢をしないための対策は?


日頃の食事管理で下痢は防ぐことができます。

腸内環境を整える

乳酸菌の含まれているサプリメントやヨーグルトを与えることで腸内環境が整い下痢をしにくくなります。ヨーグルトを与える際には加糖のものは避け糖分の含まないものを選ぶようにしましょう。食物繊維を多く含んだ食べ物も有効です。

水分の多く含むものを与えすぎない

トマトやレタスは多く水分を含むため与えすぎてしまうと下痢の原因になります。冷たい水の飲み過ぎも下痢の原因になってしまうため水分の量は気をつけましょう。

まとめ


犬の下痢は体調不良のサインでもあります。主な原因としては、

・食べ物によるもの
・環境の変化などによるストレス
・腸内の炎症
・腫瘍やポリープ
・感染症、寄生虫

の6つです。下の3つは放っておくと重症化してしまうこともあるので早めに病院で診てもらうようにしましょう。

おすすめの記事