愛犬が吠えてばかりでお困りではないでしょうか。場合によっては近所迷惑になってしまうこともあるかもしれません。しかし犬が吠えるのには必ず理由があるのです。愛犬が吠えてしまう原因を知りそれぞれに合った対処をしてあげましょう。

なぜ無駄吠えのか?


ではなぜ吠えてしまうのでしょうか。犬が吠えるのは人間が話すことと同じで吠えることで何かを伝えようとしています。

欲求で吠えている

理由の一つに欲求があります。要するに何かをしてほしいという時です。

・散歩がしたい
・ごはんが欲しい
・おやつが食べたい
・トイレがしたい
理由は様々ですがこういう時に犬が吠えてしまう場合があります。

何かに警戒している

何かに対して警戒し吠えている場合もあります。知らない人やもの、音などに犬が恐怖や不安を抱いてしまうことが大きな原因で、玄関のチャイムや通りすがりの人に対して吠えている時は警戒している証拠です。

興奮している

犬同士や飼い主さんと遊んでいて感情の高ぶりから吠えてしまうことがあります。また来客時に吠えてしまうのも、警戒ではなく嬉しくて興奮しているためです。

不安で吠えている

1人の時間が長かったり、飼い主さんに相手にしてもらえなかったりすると不安に感じてしまいます。また病気で耳が聞こえなくなってしまったり目が見えなくなってしまうと、犬が不安から吠えてしまうことがあります。

無駄吠えの対策法


犬が吠えないようしつけるためには吠えてしまう原因にあったトレーニングと対策をしてあげる必要があります。注意しても治ってくれないという時はトレーニングの方法を変えてみるのもいいかもしれません。原因ごとのトレーニング法、対策法をご紹介します。

欲求で吠えてしまう場合

何かしてほしくて吠えている時はその要求に応えないことがトレーニングになります。例えばごはんが欲しくて吠えているときに、吠えるからといってごはんを与えてしまうと犬は吠えるとごはんがもらえると学習してしまいます。吠えやんだら与えるようにすると犬は「吠えないと要求に応えてくれる!」と学習してくれるので吠えるのをやめてくれます。ごはんだけでなく、散歩に行きたくて吠えている時なども吠えている間は連れて行かず吠えやんでから連れて行ってあげるようにしましょう。

警戒して吠えている時

恐怖対象を取り除くことで警戒して吠えてしまうことがなくなります。しかし玄関のチャイムなどの場合取り除くことができません。そういう時は怖いイメージを変えてあげるトレーニングが有効です。例えば玄関のチャイムがなったらおやつをあげるようにすると犬は怖いイメージが玄関のチャイムがなればおやつがもらえるという楽しいイメージに変わり警戒しなくなります。また来客時は来客者におやつお与えてもらうようにすればおやつをくれる人というイメージがつき吠えにくくなります。ですが吠えている最中におやつをあげてしまうと、吠えるとおやつがもらえると間違って覚えてしまうためなるべく吠えやんでからあげるようにしましょう。

興奮して吠えている場合

飼い主さんが帰ってきた嬉しさから興奮して吠えてしまうこともあります。そういう時は興奮を与えずに落ち着かせてあげましょう。

不安で吠えている場合

相手にしてもらえなかったり1人で留守番している時間が長くて不安になって吠えてしまう場合はトレーニングよりも普段からかまってあげたり、なるべく1人の時間を減らしてあげることが大切です。

子犬のうちに社会になれてもらう

見慣れないものに対して不安を抱かないよう子犬のうちから訓練するのも良い対策です。例えばたくさんの人に会わせてあげることで人に対する警戒心を減らしてあげられます。また音に対しても録音して小さなボリュームで日常的に聞かせてあげると電話やチャイムがなっても警戒して吠えなくなります。

吠え方から無駄吠えの原因がわかる?


愛犬が吠えているけどなんで吠えているのかわからないというとき吠え方から愛犬がどうして吠えているかわかることもあります。嬉しくて吠えているのか逆に警戒して吠えているのか吠え方から判断してみましょう。

声の高さ

吠えている声が高いときは興奮や嬉しさから吠えていることがほとんどです。しかし、低い声で吠えているとき犬は警戒していたり敵意をもっていることが多いです

吠える回数

吠える回数とは、相手に対してずっと吠えているか断続的に吠えているかです。絶え間なく吠えているときは恐怖や警戒から吠えている状態です。しかしすぐ鳴きやんだり吠えるのが断続的のときは相手に興味を持っていたり好意があるときが多いです。

まとめ


犬は理由もなく吠えているわけでなく何か理由があって吠えています。見たことの無いものへの不安であったり、嬉しさのあまり興奮して吠えてしまったり理由は様々です。愛犬がなぜ吠えているのか理解してあげ、それぞれの原因にあったトレーニングや対処をしてあげることが大切です。

おすすめの記事