人間も薬を飲むのが嫌いなように、犬も薬を飲むのは嫌いです。しかし、それはある意味仕方のないことです。なぜなら……薬は苦いから。

なぜ動物の舌が苦い味を感知するのかというと、苦いものには大抵毒があるからです。「苦いもの=毒」という本能があるがゆえに、犬に限らず動物は苦いものを嫌います。

「薬と毒は紙一重」と言いますよね。ですから、毒が苦いのならば紙一重である薬も苦いものが多いです。薬を飲むのが嫌い・苦手なのは仕方のないことです。

しかし、だからといって「飲まなくて良いよ」とならないのが薬です。薬は飲んでもらわなければ命に関わります。

ここでは薬を飲むのが苦手な犬のために、形状別に薬を飲ませる方法を紹介します!


犬の薬の形状

薬の形状には以下のものがあります。特徴と共に紹介します。

①錠剤

成分と添加物を混合し、圧縮して固めた固形状の薬で、円形のものが多いです。犬の体重によって割って量を調節します。直接与えたり、おやつに混ぜたり、飲ませ方が多様です。

②カプセル剤

ゼラチンなどで作ったカプセルの中に粉薬や液体の薬が入っているタイプの薬。犬が噛むと中身が出てくるのでいかに飲み込ませるかが重要です。

③粉薬(散剤)

粉薬には顆粒剤と散剤がありますが、動物病院では散剤が多い印象です。錠剤を砕いて粉にすることもあります。直接飲ませたり、ごはんに混ぜたりと飲ませ方が多様です。

④シロップ剤

液体の薬に糖類や甘味料を加えたものです。甘いので比較的飲みやすいとされています。

薬の形状は人間と同じラインナップですが、やはり人間と犬では注意事項が違います。犬は犬歯が鋭く噛む力が強いため、その点を注意しながら飲ませる必要があります。

犬が薬を飲んでくれない場合の形状別の飲ませ方

では、形状別にどのように飲ませる方法があるのか紹介します。

錠剤編【基本の飲ませ方】

錠剤をそのまま飲ませる場合は犬の口をやや上向きにし、口を少しこじ開けて錠剤を口内のできるだけ奥に入れます。吐き出さないように口を閉じさせ、喉をさすって飲み込むよう促します。

薬だけでは飲み込みにくいようであれば、犬用のオブラートを使うのが良いでしょう。フレーバーが付いているものもあります。オブラートで薬を包んで、一瞬水につけて取り出せばゼリー状になり、ゴクッと飲み込みやすくなります。

犬の意思に反して口を開けさせるため、抵抗に遭う可能性が高いです。おとなしい犬なら「仕方ない」と言う顔をして開けさせてくれるかもしれませんが、そうでなければ飼い主さんが犬歯や爪で怪我をする可能性もあります。

嫌がるようなら無理強いせず、別の方法を考えた方が賢明でしょう。

【工夫①:投薬器を使う】

飼い主さんが愛犬の口の中に薬を入れるのが苦手な場合は投薬器をおすすめします。超小型犬の場合も、マズルが小さいため指を入れるのが難しい場合は投薬器を使うと良いでしょう。口の奥に薬を入れることができます。

薬を愛犬の口に入れる時は素早さが命です。苦手な飼い主さんは練習しましょう。

【工夫②:好物に包む】

愛犬の好物に薬を包みます。ピルクラッシャーで粉にして混ぜるのがおすすめです。また、錠剤をあげるためのおやつも売っていますから、愛犬が好むようならそれを活用しても良いでしょう。

錠剤は硬いので、すり鉢などを使うよりはピルクラッシャーをおすすめします。薬によってはかなり潰すのが大変ですから、専用の機器を買いましょう。また、病院に事前に言っておけば、粉末にして渡してくれますよ。

錠剤の中には粉末にすると苦くなったり、効き目が変わったりするものもあるので、自宅で粉にする場合は獣医さんに相談しましょう。

【工夫③:粉薬として与える】

粉薬の与え方で説明します。

カプセル編【基本の飲ませ方】

錠剤と同じように犬の口を開け、口内の奥の方にカプセル剤を入れ、口を閉じて喉をさすります。カプセル剤の場合、カプセルが壊れると中から薬が出てきます。これがとても苦いです。

愛犬がカプセルを噛まないように気をつけましょう。万が一噛んでしまうと、苦すぎて唾液が大量に分泌され、泡を吹くことがあります。


【工夫①:投薬器を使う】

基本的に与え方は錠剤と同じなので、投薬器で与えることもできます。口の奥の方に落としましょう。

【工夫②:好物に包む】

こちらも錠剤と同じですが、注意点は「粉砕できない」ということです。カプセルが壊れると苦い薬が出てきますから、カプセル剤は形状を変えることはできません。うまくコーティングしましょう。

ハチミツのように粘度のある液体が好物なら、それを纏わせて口の中に入れましょう。ゴクッと飲み込んでくれます。

ハチミツを犬に与えることには賛否両論があります。ボツリヌス菌やアレルギーなどの心配をする飼い主さんもいるでしょう。しかし、愛犬がハチミツを好み、少量食べて大丈夫そうなら与えて大丈夫です。

我が家の愛犬は5年ほど薬を与えるのにハチミツを使っていますが、特に健康を損なったことはありません。ですから、個体差があるとしか言えません。ただ、カロリーが高いので量には注意しましょう。適量は食事全体のカロリーの20%以下です。

粉薬編【基本の飲ませ方】

粉薬をそのまま飲ませる場合は、犬の奥歯とほっぺの間に、飼い主さんの指に付けた少量の水で練った粉薬を塗りつけます。そして、ほっぺをむにゅむにゅと揉むことで、唾液と薬を混ぜて飲ませます。

粉薬の場合はごはんに混ぜるのが最も楽ですが、犬によっては匂いで薬に気づき、ごはんを食べないことがあります。または、薬の混ざっている部分だけごはんを残す子もいます。この時だけは犬の嗅覚が恨めしいです……。

【工夫①:水に溶かす】

粉薬を水に溶かし、愛犬の顔を少し上に向けてから注入器やスポイドで飲ませます。あまり水の量を多くすると飲ませるのが大変なので、使う水は最低限にしましょう。

この水に溶かす時に、ハチミツや粉ミルクなどを加えると甘くなり、薬の味が消えやすいです。我が家の愛犬も持病により粉薬を1日3回飲まないといけないので、水とハチミツと液体のサプリに溶かして飲ませています。

薬を水以外のものと混ぜても良いかは、獣医さんに確認しましょうね。

【工夫②:鼻の上に粉をつける】

犬は自分の鼻を舐める習性があります。ですから鼻の上に少量の水で練った粉薬をちょんちょん、とつけると舐めとります。薬の量が多くなければこの方法でも良いでしょう。

【工夫③:ペーストに混ぜる】

犬用のペースト状のおやつに混ぜて与えます。ごはんよりもより匂いが強いので、混ぜても薬の存在がバレにくいです。投薬用のペーストも売っていますから、それを利用するのも良いでしょう。

【工夫④:オブラートに包む】

①錠剤のところでも紹介したように、オブラートで薬を包みます。食事制限などでおやつなどが使えない場合はオブラートを使いましょう。

オブラートに包んだ薬は、錠剤やカプセル剤と同じように犬の口を開けて飲ませます。直接奥歯とほっぺの間に塗る方が簡単か、犬の口を開けさせる方が簡単かは犬によります。

錠剤やカプセル剤を飲み慣れているなら、この方法でも良いでしょう。

シロップ編【基本の飲ませ方】

水を溶かした粉薬と同じように、注入器やスポイドであげます。他の薬と比べると甘いので、抵抗に遭うことは少ないです。愛犬の顔を少し上に向けてから、薬を流し込みましょう。

【工夫①:甘いものを混ぜる】

比較的飲ませやすいシロップ剤ですが、甘みが薬臭いのか、やはり嫌いな犬もいます。その場合は薄めたガムシロップや犬用のジュースを混ぜて甘くしましょう。

ただ、砂糖の取りすぎになるので常用するのは禁物です。また、それらを薬に混ぜて良いかは獣医さんに相談しましょう。

犬に薬を飲ませる上で気をつけたいこと

ここまで薬の飲ませ方について書いてきました。この段では薬を飲ませる上での飼い主さんの心構えについて確認します。

心構え①落ち着く

飼い主さんがそわそわしていると、愛犬もそれを感じ取ってそわそわします。飼い主さんが強張っていれば、犬は嫌なことがあると直感します。薬をあげる前も落ち着いて、普段通り行動しましょう。

また、飲ませている最中も落ち着いてどっしり構えましょう。飼い主さんが慌てると愛犬も慌ててパニックになります。薬をあげる時は常に冷静でいることを心がけましょう。

心構え②褒める

薬を飲むのは愛犬にとって嫌なことです。飲み終わったらとにかく褒めましょう。「お薬飲めたね〜偉いね〜良い子だね〜」と褒めちぎってください。

薬を飲ませるのに格闘した場合、飼い主さんは疲れていると思いますが、褒めることを忘れてはいけません。ご褒美としておやつを少量与えても良いでしょう。愛犬が「薬を飲むのは嫌だけど、飲めば飼い主さんがほめてくれる」と思えるようにしましょう。

4.まとめ

  • 薬には錠剤、カプセル剤、粉薬、シロップ剤の4種類がある。
  • 薬を飲むのを嫌がる時は工夫する。工夫する際は獣医さんに相談する。
  • 薬を飲ませる時は飼い主さんは落ち着いて行動し、愛犬が薬を飲み終わったら褒める。

フィラリア予防や病気になった時、薬を飲むことは大切なことです。しかし、薬を飲むのが愛犬にとって嫌なことであるのもまた事実。飼い主さんも無理して飲ませたくありませんよね。

負担なく愛犬が薬を飲めるよう、観察して工夫していきましょう!


おすすめの記事