ウィペットは、見た目がイタリアングレーハウンドにとても似ているため間違われることが多いのですが、中型犬のサイトハウンド(視覚狩猟犬)でイタリアングレーハウンドよりひとまわり大きい犬種です。
最近では、飼っている人も増えてきていてたまに見かけることもありますが、まだまだメジャーな犬種ではないので知らない人も多いのではないでしょうか。
ウィペットってどんな犬だろう、これから飼ってみたいな、一緒に暮らしはじめたけれどどんなふうにしつけたらいいのかな、などの疑問や悩みがたくさんありますよね。
今回は、そんなウィペットの歴史や性格、飼い方やしつけ方、気を付けたい病気やケガなどを紹介していこうと思います。

ウィペットの歴史

ウィペットの原産地はイギリスです。
19世紀後半、畑を荒らすウサギや小動物を狩るために小型のグレーハウンドにマンチェスター・テリア、ベドリントン・テリア、ホワイト・テリアなどを交配して作られた、比較的歴史の浅い犬種です。
1891年、イギリスケンネルクラブに登録され、流線型をした独特で優美な容姿から、世界中に愛好家が増えていきました。

ウィペットの特徴


ウィペットの容姿は、流線型の背中のラインとスラリと伸びた長い脚、無駄な脂肪がなく引き締まった筋肉でできているからだが特徴的なとても美しい犬です。
ダブルサスペンションギャロップとよばれる前脚と後脚を揃えて動かしながら走るスタイルで、全身をバネのようにしならせながら飛ぶように走る姿が馬に鞭(whip)を打って駆けているように見えることから、この名(ウィペット:鞭犬)がついたと言われています。
また、ドッグレースなどをする競技犬としても有名なウィペットは時速60kmで走ると言われているほどの足の速さも特徴のひとつです。

ウィペットの被毛と毛色

ウィペットの被毛はシングルコートで「スムースヘア」と言われる 1~2cm程度の短毛種です。
肌触りはとても滑らかで艶があり、毛色はブリンドル、ブルーブリンドル、フォーン、ブラック、レッド、グレー(ブルー)とあらゆる色と柄が許可され、色がミックスされていても良く、とくに制限はありません。

ウィペットの体重と体高

JKC(ジャパンケンネルクラブ)が定めている基準では、オスの体高は47~51cm、メスの体高は44~47cm、体重は特に規定がありませんが、大体9~14kgが理想とされています。

ウィペットの寿命

ウィペットの寿命は12歳~15歳と言われていて、中型犬の平均的な寿命です。

ウィペットの性格


ウィペットは、遊ぶ時は思いっきり遊び、家の中では物静かなONOFFがはっきりしている性格が特徴です。温厚で無駄吠えもなく、その飼いやすさから多頭飼いをする人が多い犬種でもあります。
では、ウィペットの性格についてもう少し詳しく紹介していこうと思います。

無駄吠え

個体差はありますが、ウィペットは基本的に無駄吠えをすることがありません。
我が家は3年ほど一緒に暮らしている中で吠えた声をきいたのは数回ほどです。それくらい吠えるということがない犬なので、マンションでも安心して飼うことができています。

従順(素直)で一途

ウィペットはとても素直で一途な性格をしています。
「うたがう」ということを知らないのではないかと思うほどまっすぐな性格なので、「座れ」「待て」「ふせ」などの基本的なしつけに苦労することはないでしょう。
また、とても一途な面があるので、どんなに遊びに夢中になっていても飼い主がどこにいるかを把握していて呼べば一目散に駆け戻ってきます。そんな姿がとても愛らしいんですよね。

さみしがり屋

ウィペットはとてもさみしがり屋です。
そのため、ひとりでいることがとても苦手なので、長時間の留守番などには不向きといえるでしょう。どうしても長時間の留守番をさせなければいけない場合は、できるだけひとりにならないよう多頭飼いをするなどさみしくならない環境をつくってあげるようにしてください。
また、コミュニケーション不足もウィペットにとっては強いストレスとなってしまいますので注意が必要です。ストレスによって元気がなくなったり、ご飯がのどを通らなくなるということもよくあることなので愛情不足にならないようにしてあげてください。

走ること(運動)がだいすき

基本的にはとてもおとなしく家の中では寝てばかりいますが、一歩外に出るととても活発になります。
ウィペットはサイトハウンド(視覚狩猟犬)といわれる種類で、走ること、追うことがだいすきな犬種ですのでドッグランなどの広い場所でたくさん走らせてあげるようにしてください。
また、もともとウサギなどの小動物を狩っていた本能がのこっているので、散歩中などに鳥や猫をみつけると急に走り出したりします。交通量のおおい場所では事故にあう危険性もあるので、まわりに注意をしながら散歩などをするようにしてください。

おおらかで優しい

ウィペットはとてもおおらかで優しい性格をしているので、怒って相手を攻撃したりすることはほとんどありません。そのため、子供がいる家庭でも安心して一緒に暮らすことができる犬種です。

警戒心が強く繊細

ウィペットは警戒心がとても強く、はじめて経験することやはじめての人には距離をおき様子をうかがうところがあります。なれるまでに時間がかかるので広い心で見守ってあげてください。また、飼い主の気持ちや感情を敏感に感じとる繊細な一面もあるので、威圧的な態度は絶対にとってはいけません。飼い主も一緒にいろいろな経験をしながら成長していく感覚で愛情を持って優しくせっしていくことが大切です。そうすることで信頼関係と絆が深くなり、よりよいパートナーになってくれるでしょう。

ウィペットの飼い方

ウィペットは室内飼育

ウィペットは暑さによわく、寒さにもよわいので一年をとおして室内で飼育をしてください。
夏のエアコン温度は26~28℃、冬の暖房は23~24℃のあいだで様子をみながら愛犬にベストな温度をみつけてあげてください。

ウィペットの運動量

一般的には、朝晩30分~1時間の散歩で充分だといわれていますが、ウィペットは走るために生まれてきた犬種といってもいいほど運動がだいすきなので、最低でも朝晩1時間以上、競歩や小走りくらいの速さで散歩をしてあげるのが理想です。
また、できるだけ散歩のみではなく短い時間でもいいので思いっきり走らせてあげるようにしてください。
ディスク(フリスビー)やコーシングといった競技もあるので、飼い主も一緒にたのしみながら運動させてあげるのもいいですね。

ウィペットの抜け毛と皮膚のケア

一般的にウィペットは抜け毛も少なく体臭もないので手入れが簡単だといわれています。たしかに、短毛種なのでトリミングに通う必要もないですし、シャンプーをするのも楽ですが、手入れが簡単というわけではありません。
一年を通して毛は抜けますし換毛期になると大量の毛が抜けおちるので、毎日ぬらしたタオルで体全体を拭いてあげたり、ラバーブラシ等でブラッシングをしてあげるなどのケアが必要です。
また、皮膚も乾燥しやすいので保湿をしてあげることがたいせつです。
我が家では、シャンプー後はかならず馬油で全身をマッサージしながら保湿をしてあげるようにしています。

ウィペットのしつけ方


ウィペットはサイトハウンドの中で比較的しつけが入りやすい犬種だといわれています。
素直で従順な性格なので褒めてのばしてあげるとスムーズにしつけることができるでしょう。また、とても利口な犬なので敏感に飼い主の感情を読みとることができ、同じ言葉でも声の強弱やシチュエーションなどでそのときするべき行動を察知することができます。そのため、飼い主と犬とのあいだに上下関係をつけるようなしつけの仕方には向いていません。ウィペットをしつけるときに一番大切なのは信頼関係です。
我が家では、アイコンタクトだけで意思疎通ができるようになりました。もちろん初めのころは、コマンド(言葉での指示)や手振りが必要でしたが、毎日繰り返すことで言葉がなくても通じ合えるようになったのです。ウィペットは本当に利口な犬なので、愛情を持って褒めてしつけをしてあげることで心が通じ合えるようになりますよ。

ウィペットが気を付けるべき病気ケガ

皮膚炎

ウィペットはとてもデリケートな肌の持ち主なので、皮膚の病気になりやすいといわれています。
日ごろから保湿をしたり、炎症が起きていないか注意してみてあげるようにしましょう。もし、炎症や湿疹等があったばあいは早めに病院でみてもらうようにしてください。

口蓋裂

口蓋(上あご)が、生まれつきさけて生まれてくる遺伝性疾患です。

耳介脱毛症

耳の一部または全体が脱毛する病気です。ホルモンバランスが崩れておきるといわれていますが原因は不明。この耳介脱毛症は遺伝性のため治すことはできません。子犬を迎え入れるときにこの病気にかかったことのある血統がいないかを確認するとよいでしょう。

靭帯損傷や骨折

ウィペットの魅力ともいえる美しい走り姿と時速60kmにも達するといわれているスピードですが、その速さゆえカーブや止まるさいに足に大きな負担をかけてしまい靭帯を損傷してしまうこともあります。また、まっすぐ走ることは得意なのですが、小回りがきかないので障害物をさけられずぶつかり骨折をしてしますこともあるので注意がひつようです。

まとめ

ウィペットはとても愛情深くて優しい犬です。深い信頼関係と絆ができればとてもよきパートナーとなってくれるでしょう。
また、ディスクやルアーコーシング、アジリティといった競技大会もあるので、一緒になって楽しんでいる方もたくさんいます。アクティブな方にもおすすめな犬種です。
たくさんの魅力をもっているウィペットと素敵なドッグライフを過ごしてみてはいかがでしょうか。きっとその魅力に魅了されること間違いないですよ。

おすすめの記事