大切な愛犬の健康のために、たくさんあるドッグフードの中からどのドッグフードがいいのか調べると必ず目にするのが「グレインフリー」「グルテンフリー」というフレーズですよね。
しかし、グレインフリーとグルテンフリーが健康に良さそうなことは分かっていても、そのちがいについてはいまいち良く分からないという方が多いのではないでしょうか。
今回は、そんなグレインフリーとグルテンフリーのちがいや、そのメリット・デメリットについて説明していきます。愛犬に合うドッグフード選びの参考にしてくださいね。

グレインフリーとグルテンフリーのちがいは?


グレインっていったい何?グルテンってなんだろう?
ここでは、グレイン(グレインフリー)とグルテン(グルテンフリー)のちがいについて説明していきます。

グレインフリーとは?

グレイン(grain)とは穀類のことです。これにフリー(free)がつくと、「グレイン(穀物)を含んでいない」という意味になります。
一般的にドッグフードにおいて穀類(グレイン)と言われているものは、「米」「麦」「トウモロコシ」「キビ」などのイネ科の種子のことを指しますが、メーカーによっては「豆類」が含まれる場合もあります。
グレインフリーのドッグフードラベルを見ると、原材料に豆類やアマランサスやキヌアなどの名前が記載されているのはこのためです。
まとめると、グレインフリードッグフードは
・「イネ科の種子」を使用していないもの
・「イネ科の種子+豆類」を使用していないもの
の2種類があり、メーカーによって穀物(グレイン)の扱いが異なっています。

グルテンフリーとは

グルテン(gluten)とは、主に小麦粉や大麦、ライ麦など麦類の胚芽と胚乳の部分から生成されるタンパク質を指します。これにフリー(free)がつくと、「グルテン(麦類)のタンパク質を含んでいない」という意味になります。
これがグルテンフリーです。

グレインフリーとグルテンフリーのメリット・デメリット


グレインフリーは穀物を使用していないドッグフード、グルテンフリーは麦類に含まれるタンパク質を使用していないドッグフードだということは分かりましたね。
では、ドッグフードとして販売されているグレインフリーとグルテンフリーにはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

グレインフリーのメリットとは?

グレインフリーのドッグフードのメリットは次のものが考えられます。
・穀物に対する食物アレルギーの予防・改善
・糖質が低いため肥満のリスクを軽減
・消化不良リスクの軽減
・腸内トラブルを予防

グレインフリーのドッグフードは食物アレルギーを起こしやすいと言われる穀物を含んでいないため、アレルギーの発症リスクを減らすことができます。
また、穀物に含まれる炭水化物は犬の体内で分解され、糖質になります。糖質をたくさん摂取すると血糖値が急激に上がり、肥満の原因となります。グレインフリーのドッグフードがダイエット食になるわけではありませんが、血糖値を上げる糖質(炭水化物)が入っていないため肥満の予防になるといえます。
そして、犬は肉食に近い雑食動物ですので穀物の消化が苦手とされています。穀物をとりすぎると消化不良から下痢や軟便を引き起こすことがあるため、お腹の弱い子にはグレインフリードッグフードがおすすめです。

グレインフリーのデメリットとは?

グレインフリーのドッグフードのデメリットは次のものが考えられます。
・値段が高い
・タンパク質の過剰摂取

グレインフリードッグフードの1番のデメリットは一般的なドッグフードと比べると値段が高めになってしまうことです。
しかし、その分原材料がヒューマングレード(人が食べられる食材)を使用している高品質のものが多いので、愛犬に安心して食べさせることができます。
また、グレインフリードッグフードは原材料に肉が多く使われているため、高タンパクになりすぎてしまう可能性があります。多すぎるタンパク質は肝臓や腎臓に負担をかけてしまうので給餌量に注意が必要です。

グルテンフリーのメリットとは?

グルテンフリーのドッグフードのメリットは次のものが考えられます。
・小麦アレルギーの予防・改善
・胃腸(消化器)の負担を軽減
・状態のわるい毛並みや皮膚の改善

麦類の中でも、小麦アレルギーの犬が多いといわれています。その理由は、比較的安いドッグフードにかさましなどの理由で使われていることが多く、犬が口にする機会がとても多いためだと言われています。また、犬は小麦などに含まれるグルテンを消化するための消化酵素を持っていません。そのため、アレルギー反応を起こしやすく、さらに胃腸への負担もおおきいので消化不良による下痢などを引き起こすこともあります。グルテンフリードッグフードはそういった症状を軽減させてくれるので、小麦アレルギーの犬や、消化器が弱い子におすすめといえます。
また、毛並みが悪い子や皮膚の状態がよくない子はグルテンが関係していることも多いといわれています。アレルギーではないけど、毛艶がよくない、皮膚の調子が悪い、そんな症状があったらグルテンフリードッグフードを食べさせてみてはいかがでしょうか。

グルテンフリーのデメリットとは?

・グルテンフリーのドッグフードは種類が少ない
・値段が高い

グルテンフリードッグフードのデメリットは何と言っても種類が少ないことです。もし選んだドッグフードに愛犬のアレルギー食材が含まれていたばあい、新しいドッグフードを探すのに苦労します。また、グレインフリードッグフードと同様に品質の高い食材を使用していることが多いので値段が高めになります。

まとめ


グレインフリーとは「穀物(穀物や豆類)を含まない」ドッグフードのこといい、グルテンフリーとは「グルテン(麦類)のタンパク質を含まない」ドッグフードのことをいいます。
メリット・デメリットは似ているところが多いですが、それぞれがもつアレルギー物質が違いますので愛犬の体質に合わせてドッグフードを選んであげてくださいね。

おすすめの記事