ちょっと目を離したすきに、1日出かけて帰ってきた時に、愛犬が粗相していると飼い主さんとしては気分が萎えますよね。拭き取って除菌して消臭スプレーをかけて……処理も大変です。

しかし、愛犬が粗相するのにも原因や理由があります。どうして粗相してしまうのか、考えられる原因とその対処法を紹介します。

粗相なのか、トイレを覚えていないのか

粗相の原因について語る前に、飼い主さんに確かめておきたいことがあります。それは、「本当に愛犬は粗相をしたのか?」です。

どういうこと?って思いますよね。「トイレ以外で排泄しているなら粗相ではないか」と思うのではないかと思います。しかし、粗相に含めた方が良いおもらしと、含めない方が良いおもらしがあるんです。

①トイレをきちんと覚えていない

愛犬がきちんとトイレを覚えていて、それでいておもらししてしまうなら、それは粗相です。何かしらの原因があって、愛犬はトイレで排泄していません。

しかし、愛犬がきちんとトイレを覚えることができておらずトイレの認識が曖昧で、それ故にトイレ以外の場所に排泄している可能性があります。子犬に多いです。何がトイレなのか、どこがトイレなのか覚えきれてないんです。

この場合は、もう一度トイレトレーニングをやり直す必要があります。トイレに行きたそうにしたらトイレの上に乗せて、排泄したら褒める。何度も繰り返し教えてあげてください。

また、どこがトイレなのか覚えきれておらず、加えて以前粗相した場所に排泄物のにおいが残っていれば、愛犬は「ここがトイレだったっけな」と排泄してしまいます。粗相した場所は綺麗に掃除しましょう。

②マーキング

マーキングは少量のおもらしとも言えます。外でなら飼い主さんがマナーを守っていれば問題にはなりませんが、家の中でされると厄介ですよね。

しかし、マーキングに関しては粗相とは対処法が別です。本能による行動なので、ここで紹介する方法で辞めさせることはできません。

マーキングは自分のテリトリーを主張したり、あるいは不安を打ち消すために行なっているものです。飼い主さんと愛犬の関係性や、愛犬が何かストレスを感じていないか、日々の生活を見直しましょう。詳しい対処法はここでは省きます。

犬の粗相の原因と原因対処法

それでは本題に入ります。粗相の原因としてかんがえられることは9つあります。そして、その数だけ対処法があります。1つ1つ見ていきましょう。

①トイレが汚れている

犬は綺麗好きです。前に出した排泄物がまだトイレに残っていると、「ここではしたくないなぁ……」と別の場所に排泄することがあります。多頭飼いの場合は、他の犬の排泄物が残っているのを嫌って別の場所ですることもあります。

愛犬が排泄したら、すぐにトイレシーツを変えましょう。また、お留守番が多い愛犬にはいくつかトイレを用意してあげましょう。成犬であれば6〜12時間排泄を我慢できると言われているので各犬2つずつあれば十分です。

②トイレとベッド(寝床)の場所が近い

先ほども述べたように、犬は綺麗好きなのでベッドの近くにトイレがあることを嫌います。もしトイレの位置がベッドと近いようなら離して置いてください。

③トイレが小さい

これは中・大型犬に多い原因です。トイレが小さすぎて排泄しにくいと、別のひらけた場所に排泄する傾向があります。

犬は排泄する前に、クルクルと回って排泄する場所を決定します。このクルクル回る、という行為がしにくいトイレだと、別のところで排泄してしまいます。

中・大型犬の場合は市販のトイレではなく、飼い主さんがトイレゾーンを作ってあげると良いかもしれません。トイレにする箇所をペット用フェンスやサークルで囲み、その中にトイレシーツを敷き詰めます。入口の部分は開けっ放しにします。

トイレシーツをマスキングテープで固定しておけば、シーツがずれておしっこが床に染みる心配もありません。大きい愛犬にはトイレを作ってあげましょう。

④トイレでの排泄が怖い

トイレトレーニング中に、愛犬が大部分をトイレで排泄できたにもかかわらず、少しトイレからはみ出しているからと怒ってしまった経験ありませんか?このような経験があると「トイレ=怖い場所」と愛犬が認識している場合があります。

この場合は、一度トイレを買い換えて、場合によっては置く場所も変えて再度トイレトレーニングをしましょう。トイレ本体や場所がリセットされると、愛犬も認識を改めやすくなります。

トレーニング中に愛犬が少しトイレからはみ出して排泄しても、トイレで排泄したのなら怒らず褒めましょう。「トイレは怖い場所」という認識を消すことが大切です。

⑤老化

年老いたことでおしっこを我慢する力が弱くなったり、足腰が弱くなって素早く移動できずトイレに間に合わないことがあります。また、認知症だとトイレの位置を忘れてしまうことがあります。

これは老化の一環なので仕方のないことでもあります。愛犬もわざとではないので、怒らないであげましょう。

この場合は、愛犬がトイレに行きたそうにしたらトイレまで連れて行ってあげる、あるいは犬用オムツを履かせて粗相を防止しましょう。改善策はないので、防止策を徹底しましょう。

⑥不安

飼い主さんが家にいる時は粗相しないのにお留守番させると粗相をする、といった粗相であれば、飼い主さんがいない等のある種の不安が原因で粗相をしている可能性があります。これは精神の問題なので、トイレトレーニング等は関係ありません。

この場合は愛犬の不安の原因を探り、取り除きましょう。お留守番が苦手な愛犬にはお留守番の練習をする、雷が鳴る日に粗相をしてしまうようなら、雷の音に慣らす。少し時間がかかりますが、対処していきましょう。

⑦飼い主さんに構ってもらいたい

こちらは故意の粗相です。粗相をすれば飼い主さんが(たとえ怒りながらでも)自分に構ってくれる、そう思い込んだ愛犬が起こします。アピールのために飼い主さんが大切にしていそうなものに粗相する犬もいます。

この場合は、愛犬が粗相をしたら黙々と処理し、トイレで排泄したら褒めて構ってあげましょう。愛犬の思い込みを正しましょう。また、普段から十分に構って、愛情を伝えてあげることが大切です。

⑧うれしょん

犬は嬉しくておもらしてしまうことがあります。テンションが上がって、一気に身体に力が入って思わずおもらししてしまうのです。

この場合はテンションを上げる機会を分散させ、過度に興奮しないような環境作りをしましょう。この時は犬も無意識のうちに粗相しています。わざとではありません。ある種の愛情表現とも言えます。

怒るのも可哀想なので、愛犬を落ち着かせた後、黙って処理しましょう。来客時など、どうしてもうれしょんを防がないといけない時は犬用オムツを履かせましょう。

⑨病気や怪我

膀胱炎などの病気で頻尿になったり、足を怪我していて素早く移動できない時に粗相をすることがあります。排泄物の様子や、歩く様子を見て異変を感じたら動物病院へ行きましょう。

犬の粗相には物理的な問題、身体の状態、精神の状態など、様々な原因があります。防止策しかないものもあれば、改善策があるものもあります。

愛犬がどのタイプなのか、見極めて行動しましょう。

3.まとめ

  • 愛犬の粗相は本当に粗相なのかを確かめる
  • 粗相の原因は物理、身体面、精神面と多岐にわたるので見極めることが大切

飼い主さんを悩ます愛犬の粗相、こんなにもたくさんの原因が考えられるのですね。愛犬の粗相の原因は何なのか、見極めてから行動しないと徒労に終わってしまいます。

この記事が少しでも、愛犬の粗相の改善に貢献できたら嬉しく思います。 根気強く、焦らず怒らず頑張りましょう。

おすすめの記事