愛犬がブルブルと震えている姿をみると飼い主は「さむいのかな?」「どこか痛いのかな?」「体調がわるいのかな?」と心配になりますよね。
なぜ愛犬は震えているのでしょうか。震えている原因や対処方法がわかると飼い主の心配も少なくなりますね。
今回は、愛犬が震えているときに考えられる原因と対処方法を紹介します。もしかしたら、愛犬のその震えはこんな原因で起こっているのかもしれませんよ。

様子を見守ってもいい生理的原因の犬の震え


愛犬が震えている原因は様子を見守っていてもいい生理的なものと、早めの受診が必要な病気やケガが原因のものがあります。
ここでは様子を見守っていい生理的なものと、受診が必要となる病気やケガが原因のものに分けて紹介していきます。

寒さからくる震え

犬は寒さを感じると体温を保とうと筋肉を細かく動かし熱を発生させます。このときの筋肉の動きがブルブルと震える原因です。
秋から冬にかけてこの震えが起こることが多いです。犬の体温は38度~40度前後と言われているのですが、秋から冬にかけて気温が体温より低くなるため犬の体は身を守ろうと熱を生みだそうとするからです。

≪対処方法≫
基本的には命にかかわることはないですが、長時間体温が低い状態がつづくと命の危険もでてくるので震えが止まらない場合は、室内温度をあげる、服を着せるなどあたたかくしてあげてください。とくに、子犬や老犬の場合は早めの対処をしてあげることが大切です。

恐怖や不安、緊張などのストレスからくる震え

犬は大きな音や苦手な場所、こわい思いをしたトラウマやいつもと違う環境などから恐怖や不安、緊張やストレスを感じ震えることがあります。
犬が恐怖を感じるとよく言われる音は、花火や救急車の音です。また、車や犬用カートを苦手と感じる犬も多いようです。その他にも、家族のだれかがいなくなったなど環境の変化でストレスを感じ震えることがあります。

≪対処方法≫
このような原因で震えている場合は、犬の感情表現のひとつなので原因となっているものを取り除いてあげることで震えは止まります。
愛犬が何に対して震えているのか、その理由を見つけてあげることが大切です。
音に対して恐怖を感じているのならその音が出来るだけ聞こえないような環境にしてあげる、苦手なもので不安や緊張をしているのならその苦手なものから解放してあげる、いつもと違う環境でストレスを感じているのならそのストレスを出来るだけやわらげてあげるなど、愛犬の気持ちを落ち着かせてあげるようにしましょう。

甘えからくる仮病の震え

飼い主に甘えたい気持ちから震えるときがあります。いわゆる仮病と呼ばれるものです。これは、過去に震えていたら飼い主が優しくしてくれたなどの経験から何もなくても震えることがあります。
≪対処方法≫
あまりにも頻繁に仮病を使うばあいは分離不安症の可能性もありますが、たまに甘えたくて仮病をつかい震えているのならコミュニケーションが足りていないのかもしれないので、思いっきり甘えさせてあげてください。

受診が必要となる病気やケガが原因の犬の震え

病気やケガが原因で起こる震えは後遺症や命にかかわることもあるので、飼い主の判断で様子見をせず早めに受診するようにしてください。

痛みからくる震え

痛みからくる震えといってもさまざまな原因が考えられますが、足を引きずっている様子が見られる場合は「ケガ」「関節炎」「ヘルニア」が原因の場合が多いです。愛犬の体をくまなく触って確認してください。痛い箇所に触れたとき「キャン」と鳴き痛みを教えてくれるでしょう。注意深く観察してあげることが早期発見につながります。また、嘔吐を伴うひどい痛みを感じて震えているばあいは、膵炎の可能性もあるのですぐに病院で診てもらってください。

低血糖症による震え

血液中の糖が減少し血糖値が著しく下がることで震えや発作などの症状が現れます。口内の血の気がひき白くなり、全身の力がぬけぐったりとします。脳に障害が残るばあいや、命を落とすこともあるので早急に病院へ連れて行く必要があります。

中毒症状からくる震え

たまねぎやチョコレート、ナッツ類など、犬が食べてはいけない食べ物の誤飲誤食による中毒で震えがでることがあります。このばあいは、震え以外に嘔吐や下痢などの症状がともなうこともあります。中毒は時間との勝負なのでいっこくも早く病院へ連れて行くことが大切です。

熱中症による震え

夏の暑い時期、よだれを垂らしながら激しい呼吸をして震えている場合は熱中症の可能性があります。このような症状があらわれたら、すぐに身体をひやし病院で受診するようにしてください。熱中症の初期段階では舌の色が赤くなるばあいもあるようなので、少しでもはやく愛犬の変化に気づけるよう身体の変化に注意をして観察してあげることが大切です。

発熱からくる震え

風邪や感染症などにより発熱し震えるばあいがあります。口をあけながら激しい息づかいで「ハァハァ」と呼吸をし震えているばあいは早めの受診をおすすめします。
感染症のばあいは命にかかわることもあるので、様子見はしないようにしてください。

てんかんによる震え

普段は普通に生活しているのに、急に脳の神経回路がショートして突然発作が起きる病気がてんかんです。発作によって体の一部または全体が震えたり、足を動かしながらけいれんを起こしたりします。数十秒~数分震えやけいれんがつづき、発作がおさまると何事もなかったように元に戻るばあいと、1時間以上ふらふらする状態がつづくばあいがあります。
意識がなくなるてんかんのばあいは命にかかわりますので、かならず病院へ連れていき獣医に診てもらってください。

まとめ

愛犬の震えにはいろいろな原因があります。
まずは生理的震えなのか、病気やケガからくる震えなのか、飼い主が愛犬のようすをしっかりと観察し、すこしでも心配になったばあいは病院へ行き獣医に診てもらうことが大切です。

おすすめの記事