最近は、ペットショップでもよく見かけるようになったイタリアングレーハウンド(通称:イタグレ)。
とは言え、まだまだメジャーな犬種ではないのでイタグレの情報ってとても少ないですよね。
これから、イタグレを飼いたいなと思っている方はもちろんのこと、すでに飼っている方もいろんな疑問や悩みがあると思います。

今回は、そんなイタグレの基本的な特徴や性格、飼い方やしつけの仕方、気を付けておきたい病気や怪我について解説していきます。
これを読めば、イタグレとの暮らしがより一層楽しく豊かになるはずです。

イタリアングレーハウンドの歴史

小型のイタリアングレーハウンドは、古代エジプトでファラオの宮廷に既に存在していた小型のグレーハウンドの末裔と言われています。原産地はイタリアとなっていますが、もともとは紀元前5世紀初期にギリシアからイタリアに渡ってきた犬種です。
体は細身で手足が長く、耳はローズイヤー(薔薇の形をした耳)、その優美な見た目からヨーロッパの貴族たちにとても愛されたと言われています。

イタリアングレーハウンドの特徴

イタリアングレーハウンドのタイプ

ヨーロッパタイプとアメリカタイプがあり、ヨーロッパタイプは背中のアーチが強く足と背中が曲がって見えるのが特徴なのに対し、アメリカタイプは背中のカーブがほとんどなく足を伸ばして立っているようなスクエアな見た目が特徴です。現在、多くのイタグレはアメリカタイプだと言われています。

イタリアングレーハウンドの被毛と毛色

イタリアングレーハウンドはスムースヘアという1cm程度の短い被毛が身体をびっしりと覆っています。その肌触りは艶があり滑らかで美しい被毛をしています。
毛色は、ブラック、シール、グレー(ブルー)、フォーン(イザベラ)、レッド、JKC(ジャパンケンネルクラブ)が定めている基準では単色を理想とすると言われていますが、ホワイト・マーキングも許容されています。

イタリアングレーハウンドの体重と体高

JKC(ジャパンケンネルクラブ)が定めている基準では、オスメスともに体重は最高5kg、体高は32~38cmが理想とされています。

イタリアングレーハウンドの走り方

「ダブルサスペンションギャロップ」と呼ばれる前足と後ろ足を揃えた独特のスタイルで、小さな身体のどこからそんな力が出てくるんだろうと思うほどパワフルでとても美しい特徴的な走り方をします。

イタリアングレーハウンドの寿命

イタリアングレーハウンドの平均寿命は小型犬の中でも比較的寿命が長い犬種で、12歳~15歳くらいと言われています。

イタリアングレーハウンドの性格


日本では「イタグレ」として親しまれていますが、海外では「IG」と呼ばれ、イタリアングレーハウンド独特の魅力的な性格で多くの人たちに愛されています。

では、どんな魅力的な性格をしているのでしょうか。
実際に我が家のイタグレの話も含めて、一般的に言われているイタグレの性格と一緒に暮らしてみて感じたイタグレの性格をいくつかの項目に分けて紹介していきますね。

感受性が強く飼い主に一途で愛情深い性格

イタグレはとても感受性が強く、人の気持ちにとても敏感なので、その場の空気だけで相手がなにを考えているのかを感じとる能力に長けています。また、表現力豊かで人のような感情表現をします。
また、飼い主にはとても従順で、愛せば愛すほど愛情を持って返してくれる犬種です。
我が家のイタグレはとても甘えん坊で、抱っこをしてもらおうと自分からよじ登ってきたり、ほっぺをすりすりしてきたり、それはもう本当に愛しくなるほどの愛情をまっすぐにむけてきます。
そんな愛情の深さが世界中でイタグレが愛されている魅力なんでしょうね。

好奇心旺盛で遊び好き

イタグレはサイトハウンドという視覚狩猟犬のグループに属する犬種で、走ったり飛び跳ねたり、とにかく身体を動かすことが大好きです。
運動神経が抜群!動くものを追いかけることが大好きで好奇心旺盛なイタグレは、何かに興味をそそられ突然走りだしてしまうこともあるので、散歩のときには注意が必要です。
実際に、ちょっとよそ見をした瞬間にいなくなってしまったということもあります。散歩はもちろんのこと、玄関を開ける時も、庭で遊ばせる時も、どんな時でも油断せずに目をはなさないようにしてください。

繊細で臆病で神経質な性格

イタグレはとても繊細で神経質な面があります。人にとってはちょっとした変化でもイタグレにとってはとてもストレスに感じることが多いのです。
たとえば、仕事で忙しくていつもより帰る時間が遅くなる日が2~3日続いたり、飼い主の態度がいつもと少し違う、たったそれだけで体調を崩すこともあります。
また、初めての場所や、知らない人がたくさんいる場所へのお出かけもストレスになるようです。
もちろん性格の違いもあるので、イタグレすべてがそうなるわけではないですが、繊細で臆病で神経質な面を持っているということを覚えておいた方がいいです。
ちなみに、我が家のイタグレは知らない人が大勢いる場所に出かけた翌日は必ず体調を崩します。
どんなことにストレスを感じるのか、飼い主がしっかりと把握してコントロールしてあげることが大切です。

オスとメスの性格

オスの性格はとても素直で甘えん坊だと言われています。自分の気持ちに素直すぎて、単純で空気が読めないと言われたりもしますが、それもまた可愛いですよね。
それに比べてメスは独立心が高く、天邪鬼なところがあります。本当は甘えたいのに素直に甘えられず、飼い主が気づいてくれることを待っていたり、飼い主の状況や雰囲気を敏感に感じ取り様子を伺うところがあります。でも、本当はとても甘えん坊で愛情をひとり占めしたいと思っているので、飼い主の方から手を差し伸べてあげると喜んで甘えてくる憎めない可愛さがあります。

イタリアングレーハウンドの飼い方


イタグレと暮らすうえで知っておくべきことを、一般的に言われているイタグレの飼い方と実際に暮らしてみて感じたことを項目ごとに紹介していきますね。

イタリアングレーハウンドは室内飼育

イタグレは1年を通して室内で飼うこと。
日光浴が大好きなので、毎日出来るだけ充分な日にあたる時間を作ってあげてください。我が家では、留守番時間が長いのでケージを日の当たる窓際に設置し、留守番の間も日にあたれるようにしています。
また、イタグレは夏の暑さには強いので、エアコンの効かせすぎに注意が必要です。我が家では、夏のエアコン温度は27℃~28℃に設定していますが、お留守番カメラで確認してみたところ、日の当たる日中はさすがに毛布から出ていましたが、午後、日が差し込まなくなると毛布の中に潜り込んで寝ていました。それくらいイタグレは暑さに強いんですよ。
10月を過ぎ肌寒くなってくる頃から、3月末くらいまでは部屋を暖めておく必要があります。暖房の温度は大体23℃~24℃前後、ケージの中に毛布など潜って暖まることができる物を敷いてあげてくださいね。
また、あまりにも寒がって震えが止まらないようでしたら、イタグレ用の服を着せてあげるといいですよ。可愛い服がたくさんあるので、オシャレを楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

イタリアングレーハウンドの運動量

イタグレは運動能力がとても高く、遊び好きなので、充分な運動量が必要です。
運動量が少ないとストレスを感じて体調を崩したり、食欲が落ちたりします。また、イタグレ特有の体形と健康を維持するためにも毎日充分な運動が欠かせません。
一般的には、朝晩30分のお散歩で充分と言われていますが、朝晩30分では足りないです! 最低でも1日1時間半はお散歩をさせてあげることが大切です。
我が家では、毎日1時間のお散歩と30分~1時間の自由運動をさせていますが、それでも家に帰ってくるとまだ遊ぼうよと誘ってきます。あのスマートな体からは考えられないほど体力があるんですよ。

イタリアングレーハウンドの抜け毛

一般的にイタグレは短毛で抜け毛もほとんどなく手入れをするのが簡単だと言われていますが、そんなことはありません! 短毛で抜け毛が目立ちにくい犬種ですが、通年、細かい毛が大量に抜け落ちています。春と秋の換毛期はさらに驚くほど抜けます。
毎日何度拭いても床には抜け毛がたくさん落ちていますし、ソファやラグ、カーテン、衣類、気がつくといたるところに抜け毛がたくさんついています。
私の経験ですが、濡れていた手で抱き上げたら、びっしりと愛犬の抜け毛が手についていました。ハゲてないよね?と確認したほど大量にびっしりと。それくらいイタグレは毛が抜けます。
長毛種のようにブラッシングでケア出来るといいのですが、イタグレは短毛種なのでブラッシングでのケアは出来ません。抜け毛のケアをする場合は、濡らしたタオルで体全体を撫で拭きしてあげるといいです。

イタリアングレーハウンドの皮膚ケア・乾燥ケア

イタグレの皮膚はとても繊細です。
一般的には2週間に1回シャンプーをするようにと言われていますが、初めにあげたようにイタグレの皮膚はとても繊細なので、あまりシャンプーをしすぎると皮膚を守っている皮脂が洗い流され、乾燥しフケや皮膚炎の原因になります。
イタグレは短毛種で犬独特の体臭もほとんどない犬種なので、ひどく汚れた時以外は濡れタオルで全身を拭いてあげるか、軽くシャワーで体を流してあげるだけで問題ないです。シャンプーは、多くて3週間に1回程度にしましょう。
我が家の場合、ひどく汚れた時以外は1ヶ月~1ヶ月半に1回のペースですが、体臭もなく毛並みもツヤツヤです。

イタリアングレーハウンドのしつけ


イタグレはとても頭のいい犬種です。
基本的な「座れ」「待て」「ふせ」などの指示はすぐに覚えることが出来ます。トイレトレーニングもさほど時間がかからずに覚えてくれます。
ただ、個体差があるので数日で覚える子もいれば数ヶ月かかる子もいます。どの犬種もそうですがしっかりとその子に合った教え方でしつけをすることが大切です。
決して体罰などでのしつけをしてはいけません。繰り返しになりますが、イタグレはとても繊細で頭のいい犬種ですので、褒めていいところを伸ばしてあげることが大切です。
我が家のイタグレは、トイレトレーニングを初めて1週間ほどでトイレを覚えましたし、「座れ」「待て」「ふせ」も1~2週間で覚えました。
とにかく出来たら褒める!遊びながら飼い主も楽しんで教える!これがポイントだと思います。

イタリアングレーハウンドの気を付けたい病気と怪我


細く長い手足とスマートで脂肪の少ない体型なので華奢なイメージがあるイタグレですが、意外と頑丈な犬種です。
しかし、気を付けておきたい病気や怪我もありますので、いくつか紹介していきます。

骨折

ソファの上から飛び降りたり、フローリングで滑って転んだり、抱いていて誤って落下してしまったりした場合に骨折をしてしまうことがあります。また、手足だけではなく、細い尻尾も骨折しやすいので注意が必要です。
我が家のイタグレは、喜んで尻尾を激しく振り回し家具にぶつけて骨折をしました。

膝蓋骨脱臼

後ろ足の膝蓋骨(膝のお皿)が滑車溝といわれる正常な位置からはずれてしまう病気です。

淡色被毛脱毛症

遺伝性疾患で、グレー(ブルー)、フォーン(イザベラ)などの淡色の毛が正常に育たない病気です。

網膜剥離

網膜が、網膜色素上皮からはがれてしまい失明してしまう病気ですが、早めに治療をすれば治る場合が多いといわれています。

白内障・緑内障

目の中にある水晶体が白く濁ってきて、視力が損なわれる病気です。若いうちから発症する子もいるので、定期的に検査を受け、早めに治療をすれば症状を遅らせることが出来ると言われています。

急性胃腸炎・大腸炎

急性胃腸炎は突然嘔吐や下痢などが起こる一過性の胃腸炎・大腸炎は大腸の粘膜に傷がつき炎症を起こしてしまう病気です。主にストレスが一番の原因と言われていますが、その他にも誤飲などいろいろな原因があるので、早めに病院で診察してもらうことが大切です。

まとめ

イタイアングレーハウンドは、とても繊細で臆病ですが、愛情深く、しつけがしやすい犬種です。
深い絆で結ばれれば、一生のパートナーとして長く付き合うことができる家族になるはずです。
基本的な性格や飼い方、しつけ方を知り、素敵なイタグレとの暮らしを楽しんでみてください。

おすすめの記事